ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリップコーヒーのペーパーフィルター

先日、テレビでプロの人がコーヒーの淹れ方を見せてくれていました。

それでは、まるで弁当箱に入れるカップのようなペーパーフィルター(カリタWAVEと言うそうな)で、コービーを抽出していました。
最初、見たことのないペーパーフィルターに軽く驚きましたが、底面に平面があるこのフィルターだと、それだけ平均的に豆に湯を通せることが出来るのかもなと、納得しながら見てました。

それで注目したのが、最初に豆を入れずに、ペーパーのみセットして湯通しした事。

これで、ペーパーの持つ紙臭さを取るとの事で。


香りも楽しむコーヒーでは、他の臭いは気になりますよね。

缶コーヒーの缶の臭いや味は最たるもので、紙コップでのコーヒーも、紙コップの臭いを若干感じます。

もちろん、水によっても味は変わります。


ですから自分は、缶コーヒーは臭いが気になって飲めません。

外で飲むなら、最近ならほぼコンビニの淹れたてコーヒー一択です。


ならばと、湯通しがどれだけ影響するか、さっそく試してみました。

以前はコーヒーメーカーで淹れていたのですが、パーツ洗浄が面倒になったので、最近はカップにドリッパーを乗せて、ダイレクトに湯を注いでます。

100円ショップで売ってた、一応ドイツ製の茶色い無漂白のペーパーを乗せ、湯を注ぐと・・・。


何ともすごい紙の臭いが鼻を突きました。


えええっ?こんなに臭いが出るものなのか?

下に落ちた湯も、かなりの紙の臭いが出てます。


正直、ここまで臭いが出るものとは思っていなかったので、結構驚きました。


そして、コーヒー豆を入れ、実際に抽出してみました。


飲んでみると・・・・。


確かに、味も香りも違います。

なにやら、味がクリアになったとでも言いましょうか、別物になってしまいました。


安物の豆の味が、さらに強調され、豆の不味さも強調された感もあります(苦笑)。


フィルターによっても、もちろん豆によっても効果は違うとは思いますが、これは外せない手間だなと感じました。

コーヒーメーカーでするなら、前もって湯通しすれば良さそうですし。


コーヒーは奥が深いとは言いますが、一つだけ利口になった気がします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/81-06601b47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。