ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

大腸内視鏡検査 その7

入院して少し経ち、出血部位が問題ないか確認するために、四度目の大腸内視鏡検査をすることに。

これで問題なければ、食事が普通に近づきます。


検査と言うことは、大腸を綺麗にしなければならないので・・・浣腸をすることに。

しかし、いまだベッドから動けない状態・・・はい、そういうことです(汗)。


他に患者さんがいる病室で、看護士さんに浣腸され、ポータブルで・・・いやもう、どんな罰ゲームかと思いますね。

一通り恥ずかしい思いをした後で、検査室へ。


出血は無いと言うことで、一安心。


そして、ほぼ水分な流動食から、柔らかめの食事へランクアップ。


・・・そこにちょっぴりコメがある、おかゆ。
ちょっぴり具のある味噌汁。
スクランブルエッグ。


嬉しいような、悲しいような(苦笑)。


それから、徐々に食事の量が増えていき・・・。

全粥となったのは、退院当日でした。


退院前日、摘出したポリープの病理検査の結果が出たと言うことで、結果を聞きました。


あえて書きますが・・・ポリープの中に、がん細胞があったそうです。

幸いポリープの中だけで、それ以上外に広がってなかったので、完全に摘出されたので大丈夫との事。
追加治療とかもなく、そのまま退院OKでした。


ガンがあったと聞いて、若干驚きはしましたが、痔だと思い込んでこれ以上放置していたら、あるいは・・・と思うと、ここで見つけることが出来て良かったと思うべきでしょうね。

大腸内視鏡検査をしてよかったと。

まあ、出血で入院が長引いたり、想像以上に恥ずかしい思いをする羽目になったりもしましたが(汗)。


今回の入院で思ったことがあります。

思い込みは、時として危険であると言うこと。
ある程度歳を重ねたなら、機会があったら検査をしてみると言うこと。

自覚症状の無い病気っていうのも、結構あるようですし。

あと、普通にシャワーが浴びれる幸せと、トイレに行ける幸せ(笑)。
硬くないベッドで寝れる幸せ。

普通って、良いものですね。



手術から、再入院を含め十日の入院。

大腸内視鏡を突っ込まれた回数、四回。

絶食日数、のべ三日。


手術による患部の痛みはほとんどなかったのが幸いでしたが、腰の痛みと、恥ずかしい思いはてんこもりでした。


以上、今回の入院の顛末でした。

おわり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/69-1f4be0ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad