ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大腸内視鏡検査 その6

今回もグロい表現がございますので、ご注意ください。


再入院したその日、また腰痛の日々になるのは嫌だなあと思いつつ、もしかしたらと、ベッドをリクライニングさせてみました。
すると、上手い具合に腰に体重がかからなくなって、痛みはなくなりました。


最初に気づいていたら・・・・後の祭りですが。


その夜のこと、なにやらもよおしました。
浣腸済みで、何も残っていないと思ってはいたのですが・・・。

本当ならトイレに飛び込みたいところですが、ベッド周りから動くなと言うことなので、しぶしぶポータブルトイレへ。

今回は隣にも患者さんがおられるので、正直恥ずかしいやら申し訳ないやらで・・・。


すると、出てきたのは血液でした。

コップ一杯は優に超えていたでしょうか・・・若干粘りのある下血でした。

トイレだったら水があるので真っ赤な水になるのですが、ポータブルなので水は無く・・・トイレの中が殺人現場です(汗)。


まさか傷口がまた開いたのか?とぞっとしましたが、それ以降は出なかったので、腸の中に残っていた血液が出たようです。

しかし、こんなにどこに残っていたのやら・・・。


そのトイレを、深夜にかたずけてくれた看護士さん・・・頭が下がります。


それから2日間は、絶食で点滴のみです。

意外にも空腹に悩まされることは無かったのですが、水分ばかり補給するので、普段以上におしっこが溜まります。


やはり、同室の人がいる病室での排尿は気を使います。

どうすれば、音を立てずに尿瓶でおしっこが出来るか?
ああでもない、こうでもないとやっているうち、音があまり出ないポイントを発見。

尿瓶レベルが上がりました(笑)。


たまった尿瓶は、やはり看護士さんが片づけてくれます。

ただ片づけるだけではなく、量を記録して。


それから・・・。


まるまる2日と前後で、実質3日の絶食が終わり、まずは流動食が出ました。

待ちに待った食事だと、わくわくして蓋を開けたら・・・。


おかゆ・・・の上澄みの汁だけ。
汁・・・具が無いだし汁だけ。
温かい牛乳。


食事と言うか・・・水分でした(汗)。


生まれて初めて、水分をおかずに水分を食べ、水分で〆るという経験を味わいました。


つづく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/68-a7ad3b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。