ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的名曲大全 その2

個人的名曲、アニメ編


今回は、心に残るアニメの曲を。



曲名・ボルテスVのうた

作詞:八手三郎
作曲:小林亜星
歌:堀江美都子 こおろぎ'73 コロムビアゆりかご会

「超電磁マシーン ボルテスV」の主題歌です。

この頃、特撮やアニメの男児向けやロボットものの主題歌を歌っている歌手と言えば、水木一郎、ささきいさお、、子門真人、ヒデ夕樹と、男性ボーカルオンリーでした。

そんな時代に登場したこの歌は、当時の常識であった「ロボットものアニメの主題歌は男性歌手が歌う」を覆した、エポックメイキングな歌だと思っています。

堀江美都子さんの歌自体好きだったというのもありましたが、堀江さんの歌声とこの曲が良くマッチしていて、格好良くも気持ちよい歌となっていて、このシリーズで一番好きな歌となりました。

コンバトラーVの歌も、ダイモスの歌も好きですけどね。

今や、アニメや特撮の歌で男女の縛りはありませんが、この歌がその壁を破ったパイオニア・・・って言えるかもしれません。




曲名・愛・おぼえていますか

作詞:安井かずみ
作曲:加藤和彦
歌:飯島真理

ご存じ、劇場版アニメ「超時空要塞マクロス 愛おぼえていますか」の主題歌ですね。

テレビ版超時空要塞マクロスを、デザインからストーリーまで一新させた意欲的な作品でした。

その映画のクライマックスに流れたこの歌は、歌自身が意味を持つマクロスのストーリーと相まって、ものすごいインパクトを与えてくれました。

その頃、自分自身がアニメにどっぷり浸かっていた事、80年代と言うアニメに勢いがあった時代に登場した事もあって、心に残る一曲となりました。

この曲を聴くたびに、劇場で観た映画の迫力を思い出し、また80年代を思い出し、懐かしくなったり切なくなったり・・・。

この曲は自分にとって、80年代を代表する曲でもあるんですね。

あと、この曲には通常バージョンとロングバージョンがありました。

シングル収録されたのは時間の都合上通常バージョンが多く、映画で実際に使われた間奏の長いロングバージョンは、一部のアルバムに収録されています。



曲名・宇宙戦艦ヤマト

作詞:阿久悠
作曲:宮川泰
歌:ささきいさお

もう何も言うことのない、有名な曲ですね。

日曜日の午後7時半、てんとう虫の歌、サザエさん、グレートマジンガーと続くアニメ枠からチャンネルを変えると、トーンの沈んだ画面に重いイントロ。
明らかに年齢層の違うアニメでした。

この主題歌にはバージョン違いがあって、初期数話はイントロ部が男声合唱のバージョン、その後しょっぱな効果音有バージョン、そして通常イントロバージョンと変わっていきました。
細かく言えば、もっとバージョン違いはありますが。

個人的には男声合唱のバージョンが好きだったのですが、悲壮感があり過ぎて一般受けは良くなさそうですね(苦笑)。

イスカンダルへの旅をモチーフとした歌でしたが、ナンバリングが変わっても使われたのは良かったと思っています。
これ以降も多くの曲が作られましたが、ヤマトと言えばこの曲ですから。

この曲のイントロが流れると、いまだ気分が高揚する方も少なくないはず。

しかし、2199の合唱バージョンは・・・あえて語りますまい。

エンディングの真赤なスカーフも、これに負けず良い曲でした。

惜しむらくは、落ち着いた曲調が日曜の終わりをあまりにも感じさせ、月曜が憂鬱になることでした(笑)。
スポンサーサイト

コメント

ヤマトは名曲ですね

ヤマトは再放送やスカパーでよく観ましたが、
OPのVer違いは色々ありましたね~。

【男性コーラス】さらばー・・・地球よー・・・ 

「お、重い、なんだこの通夜みたいな雰囲気は」なんて(^^;

通常版も良かったですけど、地表からの発進版?も好きでしたねー。


ボルテスはフィリピン事件を思い出します。(まさかの放送禁止とか)
ウィキで見直しましたが、色んな事情があったみたいで
人によってこうも見方が違うんだなーと。
日本よりも外国の方が人気の作品ってあるみたいですね。
(ハワイのキカイダーとかフランスのグレンダイザーとか)


マクロスは・・・劇場版は作画が凄かったです、ホント。
(曲も劇中で重要な位置を占める演出で上手い事使うなーと)
そういえば、メイキング映像で『飛行機が綺麗に飛行機雲を出しながら
飛んでいるBGMに「青い珊瑚礁」とか絶対合うと思うんですよね』と
河森さんがコメントしていたのを思い出しました(^^;
なるほど、こういうセンスでマクロスはシリーズを重ねてきたんだなと。

  • 2014/11/18(火) 20:33:15 |
  • URL |
  • あーぱす #-
  • [ 編集 ]

何十年も歌い継がれ

ヤマトが放映されて40年・・・いまだに愛され歌われるのは、本当にすごい事だと思います。

いまだに歌える佐々木功さんも凄いですが。

ボルテスは、フィリピンで人気があったことは知っていましたが、放送禁止になったのは最近知りました。
逆に言うと、問題視するまでに人気があったとも言えるのでしょうが。

そうそう、グレンダイザーもそうでしたね。

愛おぼは、手書きアニメの頂点と言えますよね。
って言うか、やりすぎレベルで(笑)。

青い珊瑚礁ですか・・・アイドル好きの河森さんらしいなと(笑)。
でも、マクロスが人気が出てここまで続くとは、作り手の皆さんも想像していなかったでしょうね。

  • 2014/11/19(水) 18:08:10 |
  • URL |
  • 管理人OREJAP #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/62-6c0fb86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。