ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙戦艦ヤマトの思い出 その8

復活編のメカは、これまでの作品とは大きく異なるデザインとなっています。

前述のように、2520のデザインの流れを汲んでいるようですが、私を含め観ていない方も少なくないでしょうし。

ここでは、地球側を中心にいくつか取り上げてみます。


宇宙戦艦ヤマト

アクエリアスの水(今は氷塊)の中に沈んでいたヤマトを、修復強化した。

大型化してシルエットも若干変わっているので、新造に近い修復をなされたようです。

目玉の一つが、六連波動炉心を装備した新型波動エンジン。

これにより、波動砲を六発連続して発射できるようになった。
おかげで、波動砲の一発の凄さ、恐ろしさが薄まり、軽くなってしまった。

シリーズが続くことで生じる、敵味方のインフレの弊害とも言えますね。

昔から異次元なヤマトの艦内ですが、今回はさらに広大な艦載機スペースが広がっています(笑)。

大型化により、艦載機の搭載数は60機。
もはや、空母です。

更に目を引くのが、大型化した第三艦橋の中に設置された電算室。

ここで、いろいろなデータを分析する大事な部署。
大事な部署なのに第三艦橋。
そこのリーダーは、折原真帆。

この設定に、嫌な気配を感じた人は多かったでしょう。

・・・・。

艦首下部には、特務艇信濃が搭載。
出番直前に紹介され、そして・・・。


全体的なデザインは、格好いいと思います。
波動砲の押し出しの強さがある分、2199のヤマトより好きですね。



宇宙空母ブルーノア

反陽子砲を搭載したあの空母ではなく、地球防衛軍の空母。
後にヤマトの戦闘班長となる上条が乗っていた。
波動砲も搭載されていたが、撃つ間もなくボロボロにされた。


スーパーアンドロメダ級

艦首二連波動砲に、かつてのアンドロメダを思わせる艦。
主力戦艦ほどではないが多数就航している。

アンドロメダを冠してはいるが、あのアンドロメダの美しいデザインとはほど遠い。


ドレッドノート級主力戦艦

地球艦隊の、文字通り主力をなす艦。
拡散波動砲を装備しているところも、旧主力戦艦をほうふつさせる。

が、やはりデザインは・・・。


敵艦隊群は、それほど心に残ったものは無いので、パス(笑)。


つづく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/54-773271fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。