ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

宇宙戦艦ヤマトの思い出 その7

復活編のキャラクター、これがまたなんというか、魅力がない・・・と言うより、眉をしかめたくなるキャラがちらほらいるのが、頭をかしげるところでした。


まずは、機関部担当の双子、天馬兄弟。

オペレーターとしては非常に有能なんですが、チャラい。
見てて、イラッと来ること請け合い(笑)。


艦医の、佐々木美晴。

艦医なんですが、戦闘になると医務室をほっぽり出して、コスモパルサーで出ていく非常に困った人(苦笑)。
一番必要な時にいないとか、肝心な艦医が率先して怪我したり戦死したりしては困りますからね。


ある意味一番困った人間が、航海長の小林淳。

ヤマトの操船を担っている重要人物なんですが、戦闘になると操船をほっぽり出して、美晴同様コスモパルサーで出て行ってしまいます。
いや、これはどうなんだと・・・見ていて呆れてしまいました。
軟派だし口も悪いし(苦笑)。


で、それをすべて許している古代も、困った人物かもしれません。


それらとは逆に、人間の出来たキャラももちろんいます。


副艦長の、大村耕作。

青い技師長の制服を着ていますが、今作は技師長の仕事がかなりあいまいになってます。
いや、真田さんがスーパーマン過ぎたのか(笑)。
45歳とは思えぬ貫禄(笑)。

古代が若い分、古代や第一艦橋のメンバーの手綱を引く存在です。

シリーズが続けば、重要な立場になりえたのでしょうが・・・。


電算室チーフ、折原真帆。

多分、ヤマトクルーで一番役にたった存在。

紅一点、真田さん張りの情報収集、分析能力、ここぞという時の助言。

一人で、森雪と真田さんの仕事をこなしていたとも言えますね。

彼女を失うことは、ヤマトの頭脳を失うも同然・・・それほどのキャラだったのですが。


機関長、徳川太助。

あのルーキーが、今や月面基地の司令官・・・そしてヤマトの機関長に。
すっかり貫禄が付いて、かつての面影はどこへやら。
旧ヤマトから続いての乗組員は、古代と彼だけ・・・寂しい限りです。

また、ヤマトで旧シリーズから声が同じなのは、彼だけでなんですよね。


と言うように、キャラクターに関しては、旧シリーズよりも質が落ちていると言わざるを得ませんでした。


つづく。
スポンサーサイト

コメント

キャラクターの魅力

すいません、どこにコメントしようかと思ったんですけど、
キャラ関連なので、こちらにお邪魔します(^^;

リメイク作品で前作のキャラとの違和感が耐えられずに
観てられない・・・ってのはありそうですね。

自分は今、攻殻機動隊ARISEを観始めようかなーと
思ったんですが・・・草薙素子(以下、少佐)のあまりの
別人ぶりに見る気が失せました(--;
ぃゃ、声優さんは頑張ってくれているとは思うんですけど、
自分的には「どう聞いてもリサの声」なんですよorz
(予備知識なければ気にならないのかも知れませんが)
公安九課配属前の事なので、若い設定なのは理解できますが、
作画というか、キャラデザインというか、髪型というか、
全てにおいて前作までの少佐に及びません(><)

リメイク作品に個人的な愚痴を言っても仕方ないですけど、
前作における少佐の魅力が極めて大きかったんだなー、と
再認識しました。

・・・ちょっと脱線しちゃってすいませんm(__)m


脱線ついでに書かせてもらうと、装甲騎兵ボトムズの
フィアナ役の弥永和子さんがお亡くなりとの事で・・・
(御主人が大塚芳忠さんとは知りませんでした)
御冥福をお祈りします・・・。

ボトムズ放送終了から30年経ってるんですよね・・・(遠い目)

  • 2014/11/04(火) 19:28:26 |
  • URL |
  • あーぱす #-
  • [ 編集 ]

リメイクは諸刃の剣で

自分は攻殻機動隊を見てはいないんですが、そのシリーズでの主人公の顔が激変しているのはテレビスポットとかで目にしています。
あのデザインには意味があるとは思いますが・・・前の方が女性らしい、魅力もあるとは思ってました。

ヒットした作品の魅力がどこにあったか、それは視聴者によって違うとは思いますが、作り手がそれを理解しているとは限らないんですよね。
また、理解しててもなお自分の作りたいものを作る作り手もいますし。

それが新たな魅力となるか、作り手の自慰行為になるかは、その人次第ですし。

そう言う意味で、リメイクは危険をはらんでいますし、自分がリメイクに否定的な理由でもあります。


弥永和子さんの訃報、自分も驚いています。
年齢もまだお若いというのに・・・。

芳忠さんが旦那さんだというのは、自分も存じてませんでした。

ボトムズ30年・・・確かにそのくらい経ってますね。
それだけ経っても語ることの出来る作品というのが、凄い事でもあります。

  • 2014/11/04(火) 20:37:00 |
  • URL |
  • 管理人OREJAP #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/53-6c8f0aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad