ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンの思い出 その10

X68k EXPERT IIを買って一年経った頃でしょうか。

CPUのクロック数を16MHzとし高速化した「X68000 XVI」と言う機種が発売されました。

EXPERT IIにそれほど不満はありませんでしたが、HDDの無い機種でしたので、若干不便ではありました。


情報を入れなければ気が移ることも無いのですが、毎号買っていたOh!XでのXVIの記事を見ていると、ふつふつと欲しいという気持ちが盛り上がってきました。


情報が、あればあったで良くない場合もあるのです(笑)。


そしてとうとう、EXPERT IIを下取りに出して、XVIを購入してしまいました。

差額、約30万(汗)。


X68000 XVI-HD

CPUのクロック周波数が、10MHzから16MHzに高速化。

80MBのHDD搭載。

デザイン変更により、シャープな外観・・・シャープだけに(苦笑)。


せっかくなので、2MBの増設RAMボードも搭載し、合計メモリー4MBに。


使用感は・・・軽快になりました。

速度アップにメモリ増設までしたので、当然と言えば当然なのですが、これまで重かった作業も、ぐんと軽快になりました。

ゲームは、ゲーム自体の速度が・・・・変わりません。
って言うか、速くなったらクリア出来なくなります(笑)。

しかし、インストールできるゲームに関しては、快適になるのは言うまでもありません。


あと、本体の横に、こう書いてありました。

Power to make your dream come true

あなたの夢を実現させる力・・・と。
格好良いじゃないですか(笑)。


80MB HDD

今の容量からすると、とんでもなく小さな容量ですが、当時はこんなものだったのです。
おまけに、HDD無しの機種との差額は約10万・・・今では考えられないですね。

いくら当時とは言え、さすがに80MBだと無計画にファイルを放り込むとすぐに一杯になってしまうので、使わないファイルはフロッピーへ退避させていました。
今だと、GB通り越してTBですからね・・・ストレージの容量の進化はすごいものです。


X68kは、ソフトの本数的には決して恵まれてはいませんでしたが、出来の良いソフトには恵まれていたので、なかなか楽しめるマシンでした。


つづく。
スポンサーサイト

コメント

自分はPROⅡでした

マンハッタンシェイプに拘りは無かったので、横置きのPROⅡ。
・・・って、環境依存文字大丈夫かな(^^:

何気に拡張スロットが4つもあって、後々増設する際には便利でした。
メモリ、SCSI、MIDI音源・・・あれ、あと何だったっけ??
特に不便さは感じなかったので、買い替えようとは思いませんでしたが
Oh!X の影響か、分解してプロセッサ交換とかやってた記憶がかすかに(--;
(電波新聞社だったか、満開製作所だったか、アクセラレータ?みたいな)

それにしても発売当時は SX-Window といった独自のGUI、アクセサリ等を
シャープ単独で開発していたのは凄いなと、改めて思いましたね。

今でも時々、Windows上で動くMDXドライバで当時のゲーム音楽を色々あれこれ
聴いてますよ~♪(><)

  • 2014/09/23(火) 22:57:32 |
  • URL |
  • あーぱす #-
  • [ 編集 ]

惜しい事です

そう言えば、横置きタイプはスロットが4つでしたね。
マンハッタンシェイプは、デザイン的に無駄な空間が出ちゃってますから。

やはり、X68kユーザーにとってはOh!Xは必需品で(笑)。
自分も随分影響を受けました。

すべてがメーカー単独で行わなければならなかったので、その苦労も随分なものだったんでしょうね。
ハードウェア、OS、GUI・・・これが短期で終了したことを考えると、実にもったいない事かと思えます。

  • 2014/09/24(水) 18:33:56 |
  • URL |
  • 管理人OREJAP #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/44-c70dc173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。