ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンの思い出 その6

皆さんは、MSXというパソコンをご存知でしょうか?

マイクロソフトと旧アスキーが提唱した、共通規格のパソコンです。

多くのメーカーが参入し、いろいろな機種が発売されました。


独自の特徴として

テレビをモニターとして使用するために、RF端子が標準で用意されていた。

カートリッジスロットが標準で装備され、ソフトウェアの多くがROMカセットで発売されていた。


テレビを使うこともあって解像度は低く、ファミコンよりも画質は劣っていました。

しかし、BASICを搭載し、拡張性はパソコンそのものだったので、廉価版PCとして一定の支持はされていたように思います。


自分がMSXパソコンを買ったのは、MSX2も発売され、無印MSXは在庫整理状態となっていたころです。

家電量販店でセール価格になっていたので、この価格ならばと購入。

購入したのは、サンヨーの WAVY2。

セール価格で2万前後だったかなと。


同時購入したゲームソフトは、グラディウスとツインビー。

何故この2本かと言いますと・・・。

MSX版グラディウスは、ファミコン版と違ってレーザーがちゃんと伸びました。
また、骸骨ををモチーフとしたオリジナル面もあり、何気に力の入った移植だったんですね。

そして、2スロット目にツインビーも挿して起動すると、自機がツインビーになるというおまけつき。

はい、ツインビーはその為だけに買いました(笑)。

それに、これらもセールで安かったですしね。


ゲームを含めた、簡単な感想など。


WAVY2

メモリーは64kbと、8801と同じという奢りっぷり?
スロットも2つで、MSXとしては十分な出来だったかと。

ジョイスティックポートも2つあり、ゲーム機としても十分でした。


グラディウス

解像度はMSXゆえお察しレベルでしたが、ちゃんと伸びるレーザー。
やはり、グラディウスはこうじゃないと。
追加面は、骸骨をモチーフとし、メタリカなどという、メタルな名前なキャラが出てきます。

そして、上記のようにツインビーを挿して起動すると、自機がツインビー、カプセルがベルとなって、ちょっとファンタジーなグラディウスとなります。


これら以外に購入したMSXのソフトは・・・。

イーガー皇帝の逆襲
魔城伝説2


コナミ専用マシンでしたね(苦笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/40-de167d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。