ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホビーの思い出 その8

さすがに小学生高学年から中学生以上ではおもちゃを買うことはなくなりましたが、プラモの延長、あるいはアニメのグッズの一つとして買うようになりました。

さらに儲けるようになったら、ある意味リミッターが外れ・・・よくあることですね(笑)。

と言うことで、ここからは学生~大人になってからのおもちゃ・・・ホビーについて書いていきます。


タカトク バルキリーVF-1J

言うまでもありませんが、超時空要塞マクロスのメインメカである可変戦闘機ですね。

この商品は可変モデルであり、劇中のように、ファイター、ガウォーク、バトロイドの三種に変形します。

基本は樹脂ですが、強度の必要な部分にはダイキャストが使われ、強度的には十分なつくりとなっていました。

全体的にはずんぐりとしたプロポーションでしたが、F-14のような戦闘機が人型にちゃんと変形するのには驚きすらありました。


なにせ、これを買うまではバトロイドの時の腕が、ファイターの時にはどこにあるのか分かりませんでしたから(笑)。


あと、おもちゃとしての出来・・・変形を繰り返してもへこたれない作りにも感心しました。
変形部分のクリック感はしっかりしていて、各部品をしっかり保持しつづけました。

自分は、いったんバラして塗装してから組みなおしたのですが、それでも問題なく変形を繰り返し、関節がへこたれることも無く、今もなおしっかり立ってます。


あえて難点をいうならば、上記のずんぐりとしたプロポーションだったり、ファイター時にガンポッドが取り付けられなかったり、1Jの顔がファイター時を意識したためか、下半分がオミットされていたくらいでしょうか。



聞けば、大学生や在日米軍の方々にもよく売れたとの事。
ここをご覧の方でも、買った人は少なくないかもしれませんね。

これは、これまでに自分が購入したホビーの中でも、傑作のひとつだと言えます。



ハイコンプリートモデル(以下HCM) バイファム

ハイコンプリートモデルとは、プラモデルの精度で作られた玩具と言うふれこみで、いくつかのアイテムが発売されました。

バイファムはプラモも作りましたが、HCMも買いました。

作らなくともプラモのディテールが楽しめる・・・と言いたいところですが、ディテールは若干プラモより甘いです。
逆に素材的に強度があるので、持って遊ぶ分には悪くないですね。

これに関しては、コックピットのポッドがプラモより薄っぺらだったのが気になったくらいでしょうか。

バイファムは、のちにオプションとしてスリングパニアーが発売されたので、それも買って取り付けました。


HCM Zガンダム

1/144ですが、ウェーブライダーに変形します。
一部差し替えだったり足が閉じなかったりしますが、まあスケールや強度を考えると、致し方ないというところでしょうか。
プロポーションは、まずまずと言うところでしょうか。


HCM リックディアス

これの特徴は、ウェスト部分が軟質ゴムになっていて、可動ポイントになっていることです。
全体的なプロポーションも悪くないので、ディスプレイモデルとしてもまずまずでした。


HCM ZZガンダム

こちらも、このスケールで分離合体出来ました。
複雑な変形のおかげでパーツの保持力が弱かったのが、おもちゃ的にはマイナス点。
プロポーションはまあまあ。


HCM νガンダム

最初に出た1/144のキットには付いていなかったフィンファンネルが付いて、一応フルセットなνガンダム。
しかし、肝心のフィンファンネルがまっすぐで薄っぺらという、なんとも貧相な出来(苦笑)。
プロポーションはそこそこ。


つづく。
スポンサーサイト

コメント

バルキリー、テイクオフ!

ガウォーク、フラッシュ!(アタック??)
バトロイド、ファイト!!

・・・みたいなCMだったよーな。(--;?
なので、最初はファイター形態をバルキリーと呼ぶんだと
勘違いしてました。(^^;

それにしてもタカトクトイスのバルキリーは凄かったですね。
あのデザインで、変形機構と耐久性を両立させてましたから。
自分のは VF-1S でしたが、いつのまにか主人公機に(^^;
そういえば、VF-1J は何故かアゴがなかったですね。
(しかもアーマード用の塗装になってたし)

HCMは当時買ってたのは・・・エルガイムですね。
SHCM?とか言われて、正座も出来る二重関節や、
当時はまだ珍しかった可動式の指がウリでした。
同一スケールのプラモデル(キャリアや飛行ブースター)
と組み合わせたりして満足してましたね~。(^^)
エルガイムMK2も買ったんですけど、こっちの
MK1の方が高価だったような記憶が。(?)

あと、νガンダムもガンダムシリーズでは初めて買いました。
Zとかプロポーションが(個人的に)イマイチだったので、
購入は避けてたんですけど、このνは結構よかったなーと。
アンテナパーツ塗装するだけで、格好良さ倍増で(><)

  • 2014/09/07(日) 14:16:47 |
  • URL |
  • あーぱす #-
  • [ 編集 ]

惜しいメーカーを・・・

VF-1Jの顔の色・・・もしかしたら、アーマードの商品化を見越した・・・と言うより勘違いかな(笑)。

あれを作り出したタカトクが凄いと言えるのでしょうが、無くなってしまったのは残念です。

HCMエルガイムも弄ったことがあります。

ちゃんと足のカバーが開いて、出来がけっこ良かったと記憶しています。

Zとかは当時のプラモデルもプロポーションに難がありました。
やはり、変形が絡むとなかなか両立が出来なかったんでしょうね。

  • 2014/09/07(日) 20:43:59 |
  • URL |
  • 管理人OREJAP #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/32-f9c14fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。