ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

ホビーの思い出 その3

昨日と書き出しが一緒ですが・・・皆さんは、ミクロマンをご存知でしょうか。

タカラから発売されていたオリジナルの商品で、変身サイボーグの人気が一段落したのちに発売され、人気が出たシリーズです。

10センチほどの小さな可動フィギュアで「小さな巨人」のフレーズで売り出されていました。

人気が出るとともに種類が増え、ミクロマンやその乗り物のアイテム数は相当なものでした。


当時は、おもちゃ屋の一角にミクロマンの乗り物などの専用コーナーが出来、カウンターにはミクロマンがずらりと並び、それは壮観なものでした。


自分が最初に買ったのは、ミクロマンの・・・ではなく、ミクロマンの乗り物である「ミクロ円盤UFO」でした。
ミクロマンと言うよりは、そのUFO自体が気に入って買ったんです。


とは言え、乗り物買っちゃうと、やがて運転手も欲しくなるのが世の習い(笑)。

そして、最初に買ったミクロマンは、赤と白のメイスンと言う名のミクロマン。


そうやって遊んでいると、結構気に入っちゃって、さらに仲間を増やすことに。

次に買ったのは、金属製でヘルメットと翼のついたスーパーミクロマンのケン。

しばらく経って、磁石で付属のミニカー合体出来るタイタンコマンド・・・多分スパイダー。

敵として、ジャイアントアクロイヤーも。


乗り物や基地も、いくつか買いました。

ミクロ円盤UFO

上で書いているように、ミクロマンを買うきっかけになったアイテム。
青と赤の2種類があって、自分が買ったのは赤。

コスモカウンタック

スーパーカーブームに便乗して出したとしか思えない商品。
ミクロマンが乗れるだけではなく、変形してロボットになったりします。

移動基地

基地となっていますが、見た目はほとんど飛行機。
3人しか乗れない基地です(笑)。
ユニット構造になっており、分離させて遊んだり、一部パーツは吸盤を撃ちだせる銃になったり、リモコン操作で走らせることも可能でした。

名称不明の車両

探検車っぽいものだったと記憶していますが、調べてもわかりませんでした。


あと、懸賞等で当てたミクロマンもありました。

今は無き冒険王で、ミクロマンの漫画の連載がありました。
それで、毎号原案募集があったんですね。

採用されるだけではなく、抽選でもミクロマンが貰えるということで、3~4回ほど原案募集に投稿したでしょうか。

当たりました。

黒いボディに白い手足の、懸賞オリジナルのミクロマンでした。

それだけではなく、2度も。

次に当たったのは、金属製で銀色のミクロマン。

冒険王で、2体も当たったんですね。

そこで、かなりの運を使い果たした気がします(笑)。


また、ミクロマンガムというガムが当時ありました。
当たり券を4枚集めるとオリジナルミクロマンが、5枚だと磁石で手足が脱着出来るミクロマンタイタンが貰えるという物でした。

頑張って5枚集めました。

封筒に当たり券を入れて・・・封筒に住所を書いてなかったので、1枚出して住所を書いて封筒に戻し、投函。

しばらくして、景品が届きました。

喜び勇んで封を開けると・・・黒くて手足の白い、どこかで見た普通のミクロマンが。

届いたのは、5枚でもらえるタイタンではなく、4枚でもらえるミクロマンの方でした。

いやあ、力が抜けましたね。

向こうが間違えたのか、あるいは封筒に入れた時1枚だけ二重の封筒の間に入れてしまって、向こうで出てこなかったか。

思わず電話を掛けようかと思いましたが、親に怒られそれっきり。

せっかく集めて送った結果が、冒険王でもらえたミクロマンと同じものがもう一体増えただけと言う・・・。


それが悔しくて買ったのが、タイタンコマンドだったんです。


つづく。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/27-e2669883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad