ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムゲームの思い出 その2

・機動戦士ガンダム外伝1 戦慄のブルー (発売日1996年9月20日)
・機動戦士ガンダム外伝2 蒼を受け継ぐ者 (発売日1996年12月6日)
・機動戦士ガンダム外伝3 裁かれし者 (発売日1997年3月7日)

機種 セガサターン


セガサターンで発売された3Dシューティングですね。

コックピット視点のシューティングで、パイロットの感覚で戦っていくタイプでした。
自機が見えないので、それだけで難易度が一段上がっていると言えなくもなく。

このゲームの良かったことと言えば・・・3Dでモビルスーツが描かれ、それらが迫ってくることでした。
それまでのガンダムゲームは、まだまだ2Dが主流でしたから、3Dのゲームは新鮮でした。

あのホバー音を立てながらドムが迫ってくるところなど、感動的ですらありました。

難点は、サターンなので3D描写がもう一つだったこと。
あと、ストーリーをすべて楽しむには3本買わなけりゃならなかったことで(笑)。

まあ、後に3本まとまったのも出たんですけどね。


このプレイヤーキャラであり主人公は、ユウ・カジマ。

プレイヤーキャラなのでセリフは無いのですが、後に「ギレンの野望」のキャラとして登場した時には、無口キャラと言う設定に(笑)。

また、映画逆襲のシャアにて、ラスト近くにアクシズに取りつきギラドーガに手を伸ばしたジェガンのパイロットが彼だという裏設定があるようで。

何気に広範囲に活躍しているキャラだったりします。


ちなみに、このゲームはプレイ難易度や得点その他でエンディングが変わるのですが、私は良いエンドにはなれませんでした(苦笑)。


つづく
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/224-5babb85c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。