ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

ウルトラマンの思い出 その11

ウルトラマンガイア

平成10年


平成ウルトラマン第三弾の今作は、前作とは設定を新たにした作品です。

この作品の特徴ですが、まずはウルトラマンガイアが宇宙人でもなければ伝説の光の巨人でもなく、地球から与えられた力であるという事です。
そして、もう一人のウルトラマン、ウルトラマンアグルの存在があります。

また、根源的破滅招来体という謎の存在があり、これが怪獣を送り込んだり、直に登場人物に干渉したりと、他に無い敵として描かれています。

あと、主人公、高山我夢や藤宮博也は天才的な頭脳を持っていて、我夢はXIGの基地の根幹をなす反陽子浮揚メカニズムの設計者だったり、変身アイテムを自分で作ったり、映画版では時空移動メカを作ったりと、ウルトラシリーズの中でもトップクラスの頭脳なんですね。


ウルトラマンについて

ウルトラマンガイアは前作のようなモードチェンジ的な変身はありませんでしたが、後にアグルの力を得てウルトラマンガイアV2となり、そこからさらに強化形態となります。

技で特徴的と言えば、頭のトサカ部分から放つフォトンエッジですね。
なんか鞭のように、うにょーんと出てくるビーム・・・格好良いのかなあ(苦笑)。

もう一人のウルトラマン、ウルトラマンアグルは海から託された力で誕生した巨人です。
こちらは、人間もまた地球に仇するものとして排除する対象とし、ガイアと敵対します。

途中で我夢にアグルの力を与え消滅しますが、後に人気が出て(笑)アグルV2として再登場します。




メカについて

防衛組織XIG(eXpanded Interceptive Guardians)のメカの特徴は、収納時は変形して六角柱になるというのがありますね。
省スペースと言う利点がありますが、乗り込むのが大変そう・・・というのは考えないようにしましょう(笑)。


ピースキャリー

輸送機兼司令機。
下記の戦闘機が六角柱となって三機収納されている。


XIGファイター

いろいろなバリエーションがあり、デザインも個々で違う。
EXが我夢の搭乗する偵察機バージョン。


エリアルベース

空高くに浮いているXIGの基地。
戦闘用の砲台も装備している。
見た目似ているが、ダンガードAは出てこない。



二人の敵対するウルトラマンという、なんか仮面ライダー的な要素のあるウルトラマンでした。
三作続いた平成ウルトラマンでしたが、ガイアにて一旦終わりとなりました。


つづく。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/215-3f58c5e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad