ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラモの話 マクロス編

ガンプラブームも一段落してきた頃、超時空要塞マクロスのアニメ放映と同時に、模型展開が始まりました。

マクロスの模型展開は少し変わっていました。

通常は1社で展開するのが普通ですが、マクロスはイマイとアリイの2社でそれぞれのアイテムをスケール違いで発売するという変則的なものでした。
おもに、1/72と1/100での展開でしたが、どちらかのメーカーがどちらかのスケールを、ではなく、バラバラな振り分けとなっていました。

例えば・・・
バトロイドバルキリーは、1/100がアリイ、1/72がイマイ。
しかし、アーマードバルキリーは、1/100がイマイ、1/72がアリイ。

その上、この両者のキットの出来は雲泥の差でした。

イマイは、バンダイにも負けない出来でしたが、アリイは酷い物でした(苦笑)。
1/100の小スケールのキットに運河のような太いライン。
甘いモールド、対象であるべきパーツが非対称・・・。

これがバラバラに混在するわけですから、購入者にとっては良い迷惑(汗)。

イマイだけなら・・・と、当時何度思ったことか(笑)。


さて、マクロスのキットですが、発売は強気にアニメ放送より前でした。

当時すでにスタジオぬえの名前を知っていて・・・と言うよりファンに近かった自分は、アニメ放送前にも関わらずキットを買いました。

最初に買ったのは、イマイの1/100グラージ。
カムジンの乗機ですね。

全体的な出来は良かったので、空っぽな足にプラ板で蓋をしたくらいです。


アリイで最初に買ったのは、1/100ディフェンダーだったでしょうか。

甘いモールドに運河彫り・・・は、バトロイドバルキリーほど目立たなかったのか、さほど違和感はありませんでした。


あと、思い出に残ってるものをいくつか。


・アリイ1/100リガート

全体としては、足先の形状が変だったので、切ったり貼ったりで修正。

リガートは気に入っていたメカだったので、セルフバリエーション展開として、マイクロミサイルポッドバージョンも制作。

まずは、プラ板積層で片側のミサイルポッドを作り、プラキャストで複製し、左右のミサイルポッドを作る。
それを取り付けるステーは、プラ板やプラ棒で作り、針金と瞬着でミサイルポッドを固定。

結局あとからキットも出て、若干がっかりする(笑)。


・イマイ1/144クァドラン・ロー

これは、大きさゆえか1/144。

これにはパイロットとしてミリアが乗っているのですが、コックピットに対して小さすぎると感じたので、ミリアのボディを1/20のミリタリーフィギュアを使って大型化。
それで納まりは良くなったのですが、後々よく見ると、ミリアが小さいんじゃなくて、コックピットを含む上半身が大きいんだと気づく。
さすがに修正は出来そうもないので、見なかったことにする(笑)。


・イマイ1/72スーパーバルキリー

バルキリーの機首はどちらかと言うと上がり気味なのですが、イマイのバルキリーは機首がF14のように下がり気味。
ガウォークを作ったころから気になっていたので、これでは思い切って修正。
まず、機首の黒いラインから一旦切り取って、切断面をやすって上がり気味に。
なおかつ、パテで成形してそれっぽく。


・アリイ1/100バトロイドバルキリーVF-1S

最初は運河彫りのバルキリーでしたが、このころになると少しは良くなって・・・いたような記憶が(苦笑)。
あるいは、ラインをパテで消したかも。
全体的にはまあ良かったのですが、顔が気に入らなかった自分は、顔をプラ板の積層から削って作りました。
あと、当時はエポキシパテを削って平手を作るのがマイブームで(笑)、これもガンポッドを握る手と左の平手をエポキシパテから削って作ってます。


・イマイ1/72バトロイドバルキリーVF-1A&アリイ1/72アーマードバルキリーVF-1J

出来の良いイマイ製バトロイドで、1A(一般型)アーマードバルキリーを作ってやろうと画策。
アリイの1/72のアーマードバルキリーのパーツを使えば、楽に出来るんじゃ・・・と思ったのが間違い(汗)。

使えそうなパーツは、バックパックと肩のミサイルポッド、足の付け根のアーマーくらいしかなく、あとは全部プラ板積層による自作となってしまいました。

胸の装甲、腰の装甲、足の装甲、手の装甲・・・全部プラ板で。

と言うのも、脱着可能にするべく、かぶせる必要があったので。

本体側は、ボディパーツの横をくりぬいて、それっぽくプラ板でデコレーション。
頭のカメラにムギ球仕込んで、光るように。
電池ボックスを兼ねる台座をプラ板で制作し、脚と台座に端子を付けて、脱着可能に。

アーマーはすべて脱着可能ですが、一部両面テープでの固定。
ごついアーマーに対して1Aの頭は、非常にアンバランス(苦笑)。

今更ながら、よく作ったなとは思います。


マクロス系も、ガンプラと並行でそれなりに作ったかなと。
愛おぼえていますかのころは、進学でプラモ自体作ってなかったのでそれ以前までですか。


マクロス編、おわり。
スポンサーサイト

コメント

マクロスは

タカトクトイスのバルキリーで、満足していたので
プラモは購入しませんでした(^^;
あのデザインで変形後のプロポーションも見事に
再現しつつ、なおかつガチャガチャ遊んでも充分な
耐久性を備えた素晴らしい玩具で・・・

あ、プラモの話題でしたね(すいません)


P.S.
カムジンの機体はグラージじゃなかったでしたっけ?
(自分もよく覚えてませんが)

  • 2014/08/09(土) 18:54:46 |
  • URL |
  • あーぱす #-
  • [ 編集 ]

自分も遊びました

>あーぱすさんこんばんは。
タカトクのバルキリーは、社会人から学生まで広く売れたようですからね。
自分もさんざん変形させて遊んでましたが、結局壊れずじまいでした。

>グラージ

えっ?グラージで間違いないはず・・・あ、リガートになってる(汗)。

指摘ありがとうございました、直しときます。

  • 2014/08/09(土) 19:30:20 |
  • URL |
  • 管理人OREJAP #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/20-68f0051d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。