ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンクエストの思い出 その5

ドラゴンクエストV 天空の花嫁


スーパーファミコンを買った目的の一つが、次のドラクエがスーファミで発売されるからでした。

しばらくはマリオなどで遊んでいましたが、Vが発売決定とともに購入決定。


今回は確実に発売日から遊ぶべく、早めに予約。

そして、発売日に無事ゲット。


思えば、発売日に遊ぶことが出来た初めてのドラクエだったんですね(苦笑)。


今作の特徴は、いくつかあります。

・主人公キャラが勇者ではない。
・モンスターを仲間にすることが出来る。

などありますが、やっぱり一番は・・・。

・主人公が結婚する。

ではないでしょうか。

エンディングにもBGMの結婚ワルツが使われたこともあって、本作の目玉として位置づけられていたのかなと。


幼馴染のビアンカと結婚するか?
いやいや、お嬢様のフローラと結婚するか?

悩んだ方は少なくなかったでしょう。


私は、やはり付き合いの長いビアンカでしょうと、彼女を選びました。

そしたらまあ、さらわれるわ、夫婦共々石像にされるわと、散々な目にあわされるという新婚生活が(苦笑)。


もっとも、クリア後もう一度プレイしてフローラとも結婚しましたが(笑)。


ただ、ビアンカと結婚した場合はフローラは別の男性であるアンディと結婚しますが、フローラと結婚した場合はビアンカは山奥で独身のまま。

三度目プレイするとしたら、どちらを選びますか?なんて。


あと、結婚相手によって、子供たちの髪の色が変わるという違いもありました。


奥さんの遺伝子はかなり強力なようで・・・さすが天○人(笑)。



今作はまっすぐ悪の魔王を倒す話ではなくて、前座的な敵に翻弄されつつ半生をかけて最終的な敵にたどり着く物語でした。

それゆえ、見えないゴールに向けて走るマラソンみたいなゲームでしたが、主人公が成長し、結婚し、子供が出来・・・と言う流れは面白かったですし、モンスターを仲間にするというコレクション要素もあって、なかなか楽しめるものでした。

隠しボスも、さらにレベルを上げて遊ぼうという場合の目的となって、遊びがいのあるものでした。


自分にとってドラクエVは、ドラクエファンとして最高潮の時のゲームと言えました。


つづく。
スポンサーサイト

コメント

ドラクエV

やっぱ、フローラでしょ!
ぃゃぃゃ、いくら幼馴染でも、超おてんば娘と
おしとやか・お嬢様では圧倒的に後者ですよ。(><)

5は奴隷生活が虚しくて精神ダメージがw
でもモンスターを仲間にして一緒に戦えるのは
面白かったですね。

自分的に思い入れのあるモンスターは
・スライムナイト(ピエール)
・キラーマシン(キラー?)
・デーモン系の誰か忘れたw
の3人で、戦闘他色々任せたまま
主人公は棺桶という微笑ましい
光景が印象的でした(^^;?

  • 2017/02/27(月) 18:38:26 |
  • URL |
  • あーぱす #-
  • [ 編集 ]

ビアンカだと金髪

あーぱすさんこんばんは。

では、青い髪の息子たちと旅をしたんですね。
ビアンカ派とフローラ派の抗争は、今だ終わらずか(笑)。

DS版で追加された彼女は知らないので割愛しますが。

今作の主人公は、奴隷からモンスター使いになって王様になるという秀吉真っ青な立身出世をしましたからね。
おまけに息子は勇者になるし。
奥さん天○人だし。

モンスターは誰を重宝したかは覚えていませんが、スライムナイトとキラーマシンは良く使ったのを覚えています。

  • 2017/02/27(月) 22:07:26 |
  • URL |
  • OREJAP #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/197-7017cb76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。