ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンプラ編 その3

最初のうちは、必要な部分だけを塗装していたのですが、そのうち全塗装をするようになり、砲身に穴開けたりとか、モノアイを点灯させたりとか・・・。

調子に乗って、模型雑誌のホビージャパンとか読むようになったおかげで、改造に目覚めてしまいました。


今回は、改造したモデルをいくつか取り上げてみます。

これまで通り、旧キットのみ。


・1/100ガンダム

前回取り上げたものと同じですが、しばらく経ってから改造しました。

コアファイターはオミットし、腹部分をプラ板とパテで新造。
ランドセルには、ノズルを付けて、盾の十字をプラ板で自作。
足を可動とするため、付け根部分をプラ板で延長し、股関節はドダイYSに付いてきた1/144グフ用の可動軸を転用。
足首部分を一旦切断し、脚部分はプラ板で関節の受けを作り、靴部分には5ミリプラ棒で軸を作り、可動可能としました。
スカート部分を分割するという考えは当時なかったので股関節の動きは限定的ではありましたが、少し動きが増えただけでも見た目はぐっと良くなりました。


・1/144ジオング

すぐ角が折れる(笑)。

このキットは、2回作りました。

まずは普通に塗装した無改造。

しばらく経った後、ムック How to Build GUNDAM2 に触発され、モノアイ発光、腕の装甲化、可動化。
胴体は分割可能とし、中に電池ボックスを。
さらにフィルムコミックの表紙に載っていた足つきジオング(パーフェクトジオング)の正面図を元に、関節のへたった1/100ドムから足を持ってきて、膝や足首の形状をプラ板やパテで成形し接続。
足と肘の可動には、贅沢にも当時売られていたジョイントモデル(のどれか)のボールジョイントを流用。
スカート部分のサブノズルの基部には、ガチャポンのゴライオンを使ってディテールアップ&可動。

まだパーフェクトジオングと言う名前のない頃に、足つきジオングを作ってしまいました。


・1/144 MS-06R 高機動型ザク

足の装甲版を自作して、06R-2のジョニーライデン少佐機に改造。
厚紙であたりを取って、それをもとにプラ板で制作。
当時は後姿が分からなかったので、後がちょっと違いましたが。

それからしばらくして、ジョニーライデン機がキット化されたので、ちょっとがっかりする(苦笑)。


・1/144ガンダム

遊び倒して関節が甘くなっていた1/144ガンダムの予備機として買ったキットだったんですが・・・なんと韓国製。
調べてみると、どうやらパチモンをバンダイが指導の上、輸入したものとか。

実際に組み立ててみたんですが・・・。

精度が甘いです。
あちこち隙間が開いて、純正品とは明らかに出来が違いました。
まあ、改造前提だったので、ついでにパテとかやすりで修正しました。
改造と言っても、二の腕に回転軸を仕込んで可動としたくらいですが。

ある意味、ネタとしては買って良かったかなとは思ってます(笑)。


さらに続きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gameyokomichi.blog.fc2.com/tb.php/17-63b3e093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。