ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

夕日の似合う宇宙人登場

ウルトラマンオーブ


ウルトラシリーズの最新作、懐かしさに駆られてここ何話か視てます。

最近のウルトラマンは、カードで変身したり、おもちゃの販促アイテムを振り回して戦うんだなと、時代の移り変わりを感じてます(笑)。
ソフビだけじゃ、儲からないんでしょうね。


BSでの視聴なので、今回はお馴染みメトロン星人の回でした。


・・・あれ?今回のメトロン星人悪くないんじゃないかな?

どっちかと言うと、良い人と言うか紳士的と言うか。

更に言うと、今週の最大の被害者がメトロン星人だよなあと。


これまたお馴染みの夕日に照らされつつ倒れるメトロン星人を見つつ、ちょっと同情した今回でした。

ちゃぶ台はなかったけど(笑)。


そして、ウルトラマンマックスに出てきて夕日の中地球を後にしていった、縫い目のあるメトロン星人を思い出したりしました。

あの回は良かったなあ・・・。

スポンサーサイト

我らの受信料で建てられた城が~!!

今週の真田丸

絵にかいたような、無能な働き者は有能な敵よりも害をなすという話でしたね。

大坂方は、交渉事には不向きな性格の初様。
そして、シーマ様真っ青の獅子身中の虫と言える大蔵卿。

対して徳川方は、家康よりもタカ派で優秀な阿茶局。

こりゃ、さすがのきりちゃんもひっくり返せません(苦笑)。


かくして、皆の受信料で建てられた真田丸は、更地へと帰っていったのでありました。

でも、壊すカットが思ったより多くなかったなと思いました。


・・・もったいないから、まだ壊してないとか。


そして、片桐様は無念の中でナレ死。


あと、兄上は膝枕されながら心配してるんじゃありません(笑)。

たまには艦これ話など

現在、艦これイベント真っ最中で絶賛攻略中なのですが、最終ステージがかなりめんどくさい仕様になってます。

スタートからボスまでの道中が、えらく長くてたどり着けない。

実は・・・複数のマスをS勝利して、こことここでしっかり防御して・・・。
いくつかの要素を達成すると新たな出現ポイントが出るので、近道が出来るようになるという。

攻略Wikiや有志の攻略サイトを見て、ようやくわかったギミックです。

って言うか、先人達は良くこれが分かったなあと、感心してしまいます。

何も見ずにやってたら、自分は九分九厘クリアは出来なかったろうなあ・・・。


自分のようなヌルゲーマーは、艦これイベントは攻略サイト無しでは序盤クリアすらおぼつかないかもしれません。
まあ、開発側もそれを見越したうえでのバランスで開発しているんだろうなとは思いますが。


それに、ゲーム自体が攻略法を用いてクリアしても楽しみが阻害されないタイプのゲームだからと言うのもあるでしょうね。

ゲームを楽しむというよりも、艦娘を集めて眺めるのが楽しいゲームだから(笑)。

今週の真田丸

今回は、なんと言っても久しぶりに登場した真田信尹と出浦昌相の両名が良かったですね。

かつてはイケイケな出浦様でしたが、今回はさすがに信之を止めるために癒えぬ体で立ちふさがり・・・謎の秘密道具さく裂。
真面目な流れだった兄上が、またもコント要員へ(笑)。

そして、調略を命じられた信尹叔父上は、秘密裏に信繁と会い、酒一杯飲んだだけで帰ると。

最後に一応家康からの書状を渡すも、「読まんでいい(ニヤリ)」

そして家康に「調略不首尾に終わりました(ニヤリ)」


いやもう、おじさんが格好良いなあと。


和睦に揺れた今週でしたが、来週はとうとう・・・。

あと、信之もピンチらしい(笑)。

真っ赤なのは我が真田勢だけではなかったのか

今週の真田丸

この番組の一番の目玉と言える、真田丸での戦いの回でした。

これまでに分かっている真田丸の概要を盛り込んで作られた真田丸のセットは見どころありましたし、そこでの攻防も見ごたえあるものでした。

火縄銃の時間差銃撃、空掘りでの足止め&銃撃に石落とし。
あえて作った起伏の激しい一本道に誘い込んでの十字砲火。

当時これをやってのけたところに、真田信繁の凄さがあったんでしょうね。


あと、火縄銃でスナイピングをやってしまうゴルゴ毛利。
その戦を見て、あの有名な言葉を叫んで涙目になる上杉様。
親子で受け継がれた高砂での挑発。

見ていて、これまでのうっぷんが貼らせたような楽しい回でした。


でも、ご存知のように快勝はこれのみ・・・来週からは苦難が始まっていくようです。


そうだ、今回で真田丸を放送終了にすれば勝ち逃げに(苦笑)。

満を持して登場

今週の真田丸


ようやく題名でもある真田丸がお目見えしました。


この出城が登場する今が、真田信繁の歴史的デビューですので、ここまでの十か月は導入部分だったわけです。


長いプロローグだなあと(笑)。


しかし、いざ真田丸を作る段になっても、上から茶々がわんさと入りまくって嫌になりますね・・・茶々様だけに(こほん)。

もう、浪人団一斉に豊臣見捨てて出ていっても怒らないから・・・と思ったり(苦笑)。


しかし今週は、オープニング無く本編が始まり・・・ラストでの信繁の言葉の後にエンディングを兼ねたオープニング導入とは。

結構しびれる演出でした。


実質、あとひと月しか残っていない真田丸。
ここからどう活躍して、終わりを迎えるか。

ここで評価が決まると言って良いでしょうね。


良い大河だったと思える話を期待しています。


余談ながら・・・。

真田丸が終わったのち、毎週ツイッターでの皆さんの感想を読むのも楽しみの一つだったりします。

今週面白かったのが、「我々の払った受信料が城になった」と言う感想の多かったことで。

なるほどねえ(笑)。

FC2Ad