ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

真のラスボス開眼

真田丸も佳境に入ってまいりました。

今週のを見て

ああ、豊臣を滅ぼした張本人の皆さんが活躍しだしたなと(苦笑)。


下が頑張って築き上げた良案を、上が無碍もなく却下と。

間に挟まれる中間管理職。

なんか、今でもこんな会社よくありそうですが(苦笑)。


それでも勝利を得るのが真田幸村なんですが・・・ね。


史実を元にした大河なので結末は分かってはいるのですが、ここからどう進んでいくのか?

あと二か月です。

スポンサーサイト

開発VGS

いろんな意味で話題となっていた桃鉄ですが、3DSで新作が出るようです。


なんでここで言うかと言うと、開発がヴァルハラゲームスタジオだそうで。

デビルズ一本だけじゃ会社が立ち行かないと思うので、他の開発も手掛けていそうだとは思っていましたが、あの桃鉄とは驚きました。

桃鉄はPCエンジン版のみプレイしたことがあるんですが、身近に遊べる連れがいる人は盛り上がれそうですね。


私は・・・・(苦笑)。


リンク張っておきますね。

https://www.nintendo.co.jp/3ds/akqj/index.html


鳥取の地震

今日の鳥取の地震。

14時の時には、こっちも少し揺れました。


こっちは震度4だったようですが、この程度でも嫌なものですね。

最近のテレビ番組

最近のテレビ番組


真田丸

幸村という名称を使わないかと思ったら、父親の名前を引き継ぐと言う形で名乗ったのは面白いかなと。
あと、きりちゃんはすっかり相棒ポジに(笑)。

信之家は稲様がすっかり良き正室、良き母になって、真田家安泰。
頭首に健康不安が見えますが、長生きするのが知られてますので、誰も心配してないという(笑)。


いよいよクライマックスと言うことで大阪城入りとなりましたが、これからどうなっていくでしょうね。

報われない戦いをどう描いてくれるか・・・関ケ原のようなガッカリにならないことを願うばかりです。


朝ドラ べっぴんさん

展開が早すぎて、登場人物にイマイチ感情移入できません。
なんか、5分で○○を見ているようです。


BS朝日再放送 必殺仕事人VI

少し前に再放送したばかりなので、新鮮味が・・・。
中村主水作品ばかり選ぶのはまあよいとしても、せめて最近放送してないのを放送して欲しいです。 


たわわチャレンジ

「たわわチャレンジ」なるネタが何故か流行っているとのことで(「たわわ」とはなにかは、ググろう)、ツイッターで確認してみました。


・・・・・


実に目の保養になりました(笑)。


必殺! 主水死す

必殺! 主水死す


結末が分かってしまうタイトルのこの映画。
これまで見る機会がなく、昨日ようやく見ることが出来ました。


これまでの必殺の映画・・・個人的な嗜好で言えば、これは凄かった、満足した、というのは皆無でした(汗)。

果たしてこの映画はどうだろうか?
期待半分不安半分で視聴しました・・・。


中村主水以外のレギュラーは、勇次と秀。
結局、一番人気の彼らに戻ってきたってところでしょうか。
まあ、それ以外のメンバーはテレビや映画で死んじゃってるのが多いので・・・ってのもあるかもしれません。


最初のうちは、そこそこ面白いかなと観ていたのですが・・・。


雑な演出が目立ってきて、あれ?ってのがちょこちょこと。


そんなのを吹き飛ばすのが、ラストの落ちです。


題名通り、中村主水が・・・となるのですが、主水を刺したのが・・・まさかの展開。

なんであんたが刺すんだと?

悪い意味で驚きの展開でした。


中村主水の最後が、あれで良かったのかと?
藤田まことさんは、この展開に納得出来たんだろうか?


いやもう、唖然としてしまいました。


中村主水シリーズを締めくくるはずの映画がこれでは、ファンも演者さんもがっかりだと。

今となっては、必殺仕事人2009で中村主水が復活してくれたのが幸いだったなと思えます。


この映画で最後にならなくてと・・・。

ダイナモンドを探さない

タイムボカン24

シリーズ最初の作品であるタイムボカンのリメイクって事でしょうか。
最近のアニメはほとんどノーチェックだったので、放送日である今日知りました。

タイムボカンシリーズ直撃世代の自分は、やはりチェックせずにはいられません。


予習なしで視聴しましたが・・・。


キャラは今風・・・と言うか、最近の子供向けって感じですね。
レベル5がスタッフに名を連ねていたので、なるほどってところでしょうか。

少なくとも主人公側には、シリーズの雰囲気を感じることは出来ませんでした。

対して三悪の方は、三悪のフォーマットが失われていなくて、ホッとしたのではありますが・・・。

グロッキーポジのツブヤッキーがメカを開発するのではなく、スキャナーのようなものでメカを具現化させるという。


凄くがっかりしました(苦笑)。


やはり三悪の痩せた方は、メカの天才じゃないと。


主題歌にしても、劇中音楽にしても、シリーズらしさはありません。

山本正之節の染みついた世代には、あれがないとタイムボカンとは感じられないんですね。


ただ、マージョポジのビマージョのキャストが喜多村英梨さんだったり、旧タイムボカンにはいなかった黒幕の声がホリさんだったりと、夜のヤッターマンを意識しているところは悪くないなとは思いましたが。


いったいどの世代向けのアニメなんだろうなと、思わずにはいられない第一話でした。


FC2Ad