ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

ガンダムゲームの思い出 その3

・機動戦士Zガンダム 前編 ゼータの鼓動(セガサターン)

発売日 1997年4月25日

横スクロールシューティングの本作。

通常攻撃はもちろん、マルチロックオンによるニュータイプ攻撃というのがありました。
まるでマクロスだなあと思っていたのですが、その後に発売された「超時空要塞マクロス 愛おぼえていますか」に同じような攻撃が(笑)。

なんか、シューティングを楽しむというより、ムービーを見るために先に進むという、当時の典型的なムービーゲーだったように記憶しています。

続編を買う気にはならず。


・SDガンダム GGENERATION-F(プレイステーション)

発売日 2000年8月3日


当時ゲーム屋で働いていて、SDガンダムはどのシリーズもコンスタントに売れる人気作品でした。

ならば面白いんじゃなかろうかと、自分もプレイすることに(笑)。

いわゆるシミュレーションで、それぞれのガンダム作品をモチーフとしたステージに出向き、その世界の味方と共闘し敵と戦い、撃破したり鹵獲したりして進めていきます。
鹵獲したモビルスーツを合成して新たなモビルスーツを開発したり出来ましたが、なんでこの組み合わせ?なんてのも結構ありました。

こう言うちまちましたゲームは結構好きなのでやり込んだのですが、途中で自力では図鑑が埋まらないと言うことに気づき、やる気ダウンで終了(苦笑)。

面白かったんですけどね。


つづく
スポンサーサイト

ガンダムゲームの思い出 その2

・機動戦士ガンダム外伝1 戦慄のブルー (発売日1996年9月20日)
・機動戦士ガンダム外伝2 蒼を受け継ぐ者 (発売日1996年12月6日)
・機動戦士ガンダム外伝3 裁かれし者 (発売日1997年3月7日)

機種 セガサターン


セガサターンで発売された3Dシューティングですね。

コックピット視点のシューティングで、パイロットの感覚で戦っていくタイプでした。
自機が見えないので、それだけで難易度が一段上がっていると言えなくもなく。

このゲームの良かったことと言えば・・・3Dでモビルスーツが描かれ、それらが迫ってくることでした。
それまでのガンダムゲームは、まだまだ2Dが主流でしたから、3Dのゲームは新鮮でした。

あのホバー音を立てながらドムが迫ってくるところなど、感動的ですらありました。

難点は、サターンなので3D描写がもう一つだったこと。
あと、ストーリーをすべて楽しむには3本買わなけりゃならなかったことで(笑)。

まあ、後に3本まとまったのも出たんですけどね。


このプレイヤーキャラであり主人公は、ユウ・カジマ。

プレイヤーキャラなのでセリフは無いのですが、後に「ギレンの野望」のキャラとして登場した時には、無口キャラと言う設定に(笑)。

また、映画逆襲のシャアにて、ラスト近くにアクシズに取りつきギラドーガに手を伸ばしたジェガンのパイロットが彼だという裏設定があるようで。

何気に広範囲に活躍しているキャラだったりします。


ちなみに、このゲームはプレイ難易度や得点その他でエンディングが変わるのですが、私は良いエンドにはなれませんでした(苦笑)。


つづく

ガンダムゲームの思い出 その1

最近ネタが無かったので、広告が出て五月蠅かったですね・・・すいません(苦笑)。

と言うことで、当ブログの定番となりつつある思い出話など。

今回は、ガンダム・・・のゲーム、自分がプレイしたことのあるガンダムのゲームに関して話していこうかと思います。


ガンダムゲームの思い出


これを書くにあたって、改めてどんなガンダムのゲームが調べてみたのですが、やっぱり多いですね。
ファミコンから始まって、スーファミ、プレステ、サターン・・・据え置き機に携帯機、スマホにプラウザゲームと、凄まじい数の作品が出ています。

まあ、すべて面白いかと言うと・・・バンダイですからねえ(笑)。


うろ覚えの点もありますので、そこはご容赦を。


・機動戦士Ζガンダム・ホットスクランブル(FC)

ファミコンで発売された、据え置き機初のガンダムゲームです。

ゼビウスを開発した遠藤雅伸氏が開発したという触れ込みのゲームで、結構期待して買った覚えがあります。

FPSっぽいシューティング面と、真横視点のシューティング面の2面構成で、それを繰り返しながら先に進んでいくゲームです。
真横視点だとZガンダムを操って戦うと言うオーソドックスなステージなんですが、当時珍しいFPSステージは、Zガンダムのゲームって感覚があまり感じられないなと思っていました。
ファミコンの処理能力では、FPSの面白さを出しきれなかった・・・ってのもあるかもしれませんね。

プレイして大満足・・・とまでは行きませんでした。


・機動戦士ガンダムF91 フォーミュラー戦記0122(SFC)

スーパーファミコン初のガンダムゲームです。
分類は、リアルタイムシミュレーションゲーム。

F91と冠されていますが、登場するのはプラモで展開されていたF90で、外伝作品となります。
ストーリー的には、F91の前日譚と言えますね。

これは中古で買ったのですが、まあそこそこ楽しめたというところでしょうか。
ストーリーを楽しむというゲームの特性もあり、何度もプレイしようかとまでは行きませんでした。


つづく

ドラゴンクエストの思い出 その9

ドラゴンクエストの書籍編


ドラクエの書籍は多数発刊されていて、かなり売れていましたが、自分もかなり買っていました。

思い出される物を、列記してみます。


公式ガイドブック

攻略用ではありますが、グッズとしても、読み物としても良かったかなと。
Vまでは買ったと思います。
VIは・・・買ったかも、買わなかったかも。


小説

文芸書版で出ていた物を買ってます。
I~IV、ルビス伝説を買ってますね。


ゲームブック

はっきりとは覚えていませんが、二冊くらいは買った覚えがあります。


四コマ漫画劇場

四コマ漫画自体好きな自分は、これはもう、かなり買いましたね。
すべてではありませんが、VIが出てすこしくらいまでは買ったのでは。

四コマ漫画と言えば、自分もこれに投稿したことがあって。
12作程度ですが、ちゃんとスクリーントーンまで貼って。
・・・はい、全部没でしたが(苦笑)。


コミック

ドラゴンクエストへの道
ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章
ドラゴンクエスト ダイの大冒険

有名なのはダイの大冒険ですが、自分はロトの紋章が特に好きでした。


他にも細かいものを買っていたように思いますが、思いだされる範囲で。



余談ながら・・・。

かつて自分が書店に努めていたころ、ドラクエ関連はゲーム系では特に売れるアイテムでした。
攻略本系の担当になったとき、思い切って売り場を展開してフェアをしたことがあります。
書籍だけではなく、レンタルビデオ系の流通からぬいぐるみなどのグッズも仕入れて、自分でPOPも描いて。

そして、ありがたいことにそれらはかなり売れました・・・文芸書版の小説以外は。

おまけに、良く売れているという事で、エニックスから担当の自分にあいさつの電話が・・・やったぜ。

でも、文芸書はほとんど売れず返す羽目になりましたが(汗)。


と言うことで、長々と書いてきたドラゴンクエストの思い出、これにて終了です。

ドラゴンクエストの思い出 その8

ドラクエ音楽篇


ドラゴンクエストでは、ゲーム中のBGMを元にした交響曲のアルバムが発売されていました。

作曲は、言うまでもなく、すぎやまこういち氏。

ドラクエはもちろん、サイボーグ009、伝説巨神イデオンなどのアニメのBGMもされていますね。


ドラクエは、ゲーム自身が好きだったのももちろん、音楽も気にいっていたので、いくつか購入しています。

交響曲と言うことで、飽きること無くBGMとして何度も聞いていました。


組曲ドラゴンクエスト

ドラクエIのBGMを交響曲として演奏したアルバムですね。
オーケストラ演奏の交響曲に、ファミコン音源のBGMも収録されていました。
以降、このパターンで収録されています。

これは、ドラクエIプレイ後に購入。


ドラゴンクエストの世界 ドラゴンクエストII 悪霊の神々

こちらは、ドラクエIIのサントラですね。
これも、ドラクエIIプレイ後に購入。


交響組曲 ドラゴンクエストIII そして伝説へ

ドラクエIIIのサントラです。
ここから、サントラの発売日には買うというパターンとなります。


交響組曲 ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ドラクエIVのサントラです。
このアルバムから、オーケストラ演奏とファミコン音源が別々のCDという形態となりました。


交響組曲 ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ドラクエVのサントラです。
自分が買った、最後のドラクエのサントラとなります。


ドラクエそのものへの興味が薄れたVI以降は、さすがに買ってません。


アニメ ドラゴンクエスト

勇者アベル伝説の方ですね。
これは、すぎやまこういちさんではなく、ミッキー吉野さんでした。



ドラクエ関連では、以上となります。

何かをしながら、運転しながら、何度となく聴いたアルバムでした。
懐かしさでちょっと聴いてみたのですが、こう言うのって今聴くと、プレイしていた頃を思い出して、懐かしくなったり、ちょっとしんみりしたりしますね。


余談ながら、自分が唯一持っているイデオンのアルバムの「交響曲イデオン」。

レコードなので今は聞けませんが、思いだすと所々ドラクエと似た流れを感じます。
ああ、これがすぎやま節なのかなあ・・・なんて思ったり。

次のページ

FC2Ad