ゲームの横道ブログ

ValhallaGameStudioを応援するゲームの横道のブログです

今年前半のテレビ番組の感想

まだ6月に入ったばかりですが、忘れないうちに書いとこうかなと。


ドラマなど


朝ドラ

べっぴんさん


あれだけ大事な存在であった娘を、主人公に対するマイナスな存在として必要以上に描き、ヘイトを集めるキャラとしてしまったり。
逆に、描写して欲しいところをバッサリカットしたり。

いろいろと残念な部分が目立った作品でした。


ひよっこ


王道と言える流れで、楽しく見れてます。

良い人しか出ないなんて言われたりもしますが、主人公や周辺の人々はそれぞれ苦労を背負っている身の上なので、朝からこれ以上のドロドロは見たくもないですしね。
主演の有村架純さんの見た目や演技が良い事も、好感が持てるひとつかなとも思えます。



大河

おんな城主直虎


見るまでは不安な方が大きかったんですが、思ったよりは面白く見れてます。
題材が題材だけに、派手な合戦シーンや重厚感はあまりないのですが・・・。

史実だと敵役の小野政次を幼馴染として描いているのは面白い試みだと思うのですが、史実を元にしている以上、結末が分かっているんで辛いところではありますね。

全体的な話を考えるならまだまだ序盤と言えそうなので、ちょっと退屈な流れだなあと思う方も少なくないかと思えますが、これからどうなるか見ていこうと思います。



アニメ特撮


龍の歯医者


NHKのBS及び地上波で放映された、スペシャルアニメです。

スタジオカラー制作のアニメでしたが、主演の彼女のハプニングのせいで、いろいろと心配になった作品でもありました。
自分はそのせいで観る意欲がかなり落ちたのですが、それでも見ないと損な気がして、BSにて視聴。

冒頭の軍艦の緻密な描写に、ああスタジオカラーだなあと納得。
舞台となる「龍」のデザインや設定の面白さ。
主人公のキャラデの可愛さと、「声」の自然さに感心。

なかなか面白い作品でした。



タイムボカン24


名作タイムボカンのリメイク作品。

歴史の真実を暴き、本当の歴史である「真歴史」を発見するというストーリーなんですが・・・。

そのほとんどが、歴史の改悪レベルで(苦笑)、タイムボカン側が余計なことばかりしている感が。
主人公側や三悪の描写が淡白で、キャラとしての掘り下げがもう一つって感じでした。

旧タイムボカンが主人公、三悪ともに率先して動くのに対し、24ではどちらも上司がいて、仕事をやらされている立場なので、余計にキャラが立ってなかったのかもしれません。

かろうじて三悪に旧作の面影を感じることは出来ましたが、それ以外は良くも悪くも別物でした。



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期


正直、なんでこうなった感が大きいです。

黒幕のマクギリスの急な無能化。
最強兵器が杭打機。
オルガのあまりにもあっさりしすぎる退場。
もう一つの最強武器が、普通の拳銃。

全部視聴して、悪い意味で放心状態となりました。

話によると、ラスト近くでとあるキャラを活躍させたいがためにストーリを変えたとかなんとか。
後半のグダりっぷりは、そのせいもあるんでしょうかね?

主人公がいつの間にか交代させられた某ガンダムの時も思いましたが・・・バンダイと模型店を潰す気かと(苦笑)。

あと、アトラの成長っぷり・・・って言うか巨大化はさすがにやり過ぎかと(苦笑)。



ウルトラマンオーブ


懐かしさでなんとなく見たウルトラマンでしたが、面白かったですね。
以前書いたので詳しくは書きませんが、久しぶりにウルトラマン熱が再燃した作品でした。



以上、気になった作品を書いてみましたが、一番気にいったのがウルトラマンオーブってのは、おっさんとしてどうなんだろうなとは思ってます(笑)。

スポンサーサイト

真田丸最終回

真田丸、とうとう最終回となりました。


満身創痍で自ら耕した城の畑までたどり着き、最後まで畑の作物を踏むこと無く戦い討死した作兵衛さん。
大殿の位牌を胸に、門番として戦い散った内記殿。

男たちの散りざまに弱い私は、涙腺決壊寸前。


そして終了・・・。


う、うん・・・面白かったです。

面白かったんですが、なんかモヤモヤしてます。


信繁の最後のシーン。
寸止めでした。

秀頼たちのラスト。
しょんぼりしている場面で終わり。

きりちゃん。
走っている信繁を見かけるシーンで終わり。


そして最後のナレーション。
佐久間象山ネタ。


・・・・なんて言いますか、最後の10分をバッサリ切ったって感じがして、えっ?終わり?って感じでした。


いや、面白かったですよ。
三十郎のシーンとか、若干ファンタジーな信繁と家康が対峙するシーンとか。


でもまあなんて言うか、もう少し突っ込んだ終わり方をして欲しかったかなあとは思いました。


とは言え、真田丸はここ数年の大河では最も面白かった大河だとは言えます。

来年再来年の大河はなんか嫌な予感がするので(苦笑)、しばらくは真田丸を超える大河は出てこない気もしますし。


面白かったゆえに、あれこれ言いたいことも出てくるってところで・・・ね。


黙れ小童ぁ(by兄上)

今週の真田丸


いよいよ夏の陣。
後藤又兵衛、木村重成・・・大坂方の武将が次々と討死していき、終わりが近いことを嫌でも感じます。

まさか、与八まであのようなことになるとは。


大阪にやってきた信之。
やってくれました、室賀息子に対して叫ぶ「黙れ小童」
単純に、室賀父から言われ続けたのを息子に言い返したのか?
あるいは、だまし討ちで死んだのではないという意味で、けつの青いことを言うなと言う意味だったのか?

そして、信繁との対面の時、分かれの杯にしたくないと、頑なに酒を断った姿に、うるっと来そうになりました。
こんな場面だと、言葉に負け結局飲み交わし・・・とする演出家は少なくないかなと。
そこをそうせずに、信繁の言葉を背に受け兄に去らせた・・・さすがと思いました。

一緒に来た叔父上は叔父上で、最後に「生きたいように生きよ」とサポートを忘れないと・・・。


そして、ここに来てようやくきりちゃんがヒロインに。

遅いよと言ったのは、きりちゃんだけじゃないはず(笑)。


敵側としてやってきた伊達政宗に奥方と子を託すという展開は、史実ながら驚きではあります。
また、敵将の妻子でありながら客人待遇。
で、期待を裏切らないずんだ餅押し(笑)。


マジに、ずんだ餅が食べたくなりました(笑)。


来週は、いよいよ最終回。

どういう結末が待っているのでしょうか・・・。

真田と武蔵

今週の真田丸

今回は、終わり間近の静の回って感じでしたね。

わざわざあんなところに畑を作ったのが、こう繋がって。
死の商人でもあった利休の置き土産が秘密兵器として・・・ってところですね。

あと、佐助の告白失敗から撤退の早さよ(笑)。

いよいよ、夏の陣です。


NHK 戦艦武蔵の最後

今回はドキュメンタリーだったので、見たかった調査映像がしっかり見れて良かったです。

以前、フェイスと言う番組で大和の方の最新映像解析も見たので、大和型の凄かったところ、ウィークポイントなど、これまで知らなかったことを知ることが出来たと言えますね。

世界最大最強の46cm砲を搭載していた故に、船体にウィークポイントを抱えてしまった・・・と言うところでしょうか。

ネット上では映像の解析について賛否両論が出ていますが、これからさらに調査が進んで正しい結果が出てきてくれるのを期待しています。


それに、例え言われた弱点が無かったとしても、あれだけの攻撃を受けてしまっては大和型と言えど沈没は免れなかったんだろうなとは思えます。

年末恒例・・・ですが

紅白の出場者が発表されたり、流行語大賞が発表されたりと、ああ年末なんだなと思い知らされます。


紅白・・・毎年毎年、当事者だけじゃなく民放までが紅白の出場者を大きく取り上げ、民放がNHKの宣伝してどうすんねん・・・と皆さんも思ってるんでしょねえ(笑)。

しかし、宇多田ヒカルもパフィーも、これまで出ていなかったんですね。
何度か出てるとばかり思ってました。
あと、ラスボス小林幸子さんは昨年特別枠で出てたので、今年復活か?と思ってたんですが。


流行語大賞・・・知らないワードが多いのも例年通りですが、流行語ではなく出来事が結構多いのはちょっと違和感がありますね。
それに、「・・・死ね」ってワードは、ここで出すべきじゃないでしょう。
選ぶ人も、授賞式に出てくる某議員も、ちょっと考えて欲しいものです。


個人的に流行語大賞を選ぶなら・・・・黙れ小童っ!かな(笑)。

次のページ

FC2Ad